照明決める

木。自然の中では決して直線を描き出さないその姿が、何とも言えないぬくもりを感じさせます。
実際に幹に手を触れてじっとしていると、じんわりしたあたたかみが溢れてくるかのようです。
木は、古くから私たちと深い関係を結んでいて、私たちはいろいろなところで木で出来たものを目にすることになっています。例えば、食卓で手に取るお箸。古い家の柱。
子どもたちが遊ぶ積み木……。手に触れるものとして使われる木は、自然の優しさの象徴であるとも言えるでしょう。実際、そういった優しさを求めて、木製の家具や木目模様のついた物を買ったりする人も多いのです。

■家も、木で作る
食事のときに手に取るお箸、反対の手に持つお椀。木で出来たものを食卓に並べる人も多いでしょうし、食卓となるテーブルを木で出来たものにしている人も多いでしょう。座っている椅子、足がついている床。
さらに、背にしている壁や頭上にある天井……。家を、「木の家」にしている人もいるはずなのです。木の家は、古くから今に至るまで人気の住宅となっているのです。
昔は、他に建材がなかったがゆえに木が使われましたが、今では多くの建材がある中、あえて木の家を建てるという人も増えています。

■注文して建てる家
「木で家を建ててほしい」という希望を、注文として工務店に持っていく人がいます。自分の希望通りの家を建ててもらう、「注文住宅」という形で依頼するのです。
注文住宅を受け付けている工務店、あるいはハウスメーカーでは、依頼者が持っている希望を、デザインや健在に反映させます。「自分のデザインを形にしてほしい」とか、「間取りは絶対コレがいい」とか、「建材は木にしてください」とかといった希望を伝えるわけです。
そして、それを聞き届けた工務店は、建築士らの専門的な目で希望を実現可能な形にして、家を作り上げてくれるのです。そして、結果的に希望に近い住宅に、入ることが出来るようになります。

「木の家」は、寄せられる注文住宅の希望の中でも、特に最近多くなったものであると言えます。

オススメリンク

大きい窓

気をつけるべきこと

どんな物にも、一方に良い面があれば他方に気をつけなければならない面があります。人も、物も、それは同じです。完全…Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
    大きい窓

    気をつけるべきこと

    どんな物にも、一方に良い面があれば他方に気をつけな...

    Readmore
    木の家に住む

    長く建ち続ける

    一見、金属材のほうが木材よりも強いようなイメージを...

    Readmore